2017年09月23日

ボラカイ島で

久しぶりのブログです・・・
年末まであと3ヶ月ですね。
日々忙しくされている方も多いかと思いますが、
いかがでしょうか。

私はというと、
フィリピンのボラカイ島へ旅行へ行きました。

お盆休みに行きました。

ボラカイ島で、ホワイトビーチというところにいった時に、
それはおこりました。
ちなみにホワイトビーチは、
ボラカイ島の西海岸に、約4qにわたって延びるビーチです。

海では、カイトサーフィンをしている人がいます。
パラセーリングをしている人も多くて、とても素敵なビーチでした。


ビーチ沿いを歩いていると、
ところどころ、砂で作ったお城があります。
大きさは、1メートルくらいでしょうか。

ちなみに、こんな感じの写真です。

妻と「へ〜。可愛いお城だねぇ。」と話しをしていました。
ふと見ると、5〜10歳くらいの少年10人くらいが
私達をみています。

少年たちは私たちに話しかけてきました。

少年たち「Are you Japanese?」
私「・・・Yes. Could you take a Photo?」
少年たち「Sure!」ザワザワ・・・ザワザワ・・・

そんな感じで、少年たちに
お城の前で写真をとってもらう事になりました。

少年「money please.」
私「・・・え?? あ、あぁぁぁ・・・OK sure.」
初年「fifty peso.」 注 1ペソ2円くらいです。
私「なんだ安くて良かった。OK」

これだけの出来なので
お金はかかると思いましたが、50ペソ(100円くらい)との事で
安心していました。

少年たちが私たちの名前を聞いてきました。

少年たちが砂のお城の前に、
さらに砂をかき集め、私たちの名前をかたどり始めました。


私たちはその様子を見て、
なんだか微笑ましい気分になっていました(^^

・・・


・・・

・・・15分経過

・・・

・・・

妻「ねぇ?なんか遅くない?写真とるだけだよね???」

私「う〜ん。大丈夫かな、これ。時間かかりすぎだよね?さっきより少年の数も2〜3人増えてない?」


・・・


さらに5分が経過して、
時間もあまりなかった私達は、
少年に帰る事を伝えました。


しかし、少年達は
もう出来上がったと言い、
私達はお城の前に立つよう、指示されました。

私達「良かったね。何事もなく終わりそうだね。」

少年達からカメラをもらい、帰る前に、

私「Thank you.I will give you a tip.」と言い、チップを渡しました。


私達「すごい時間かかったけど、良かったね。楽しかったね。」
と言いながら、帰ろうとしました。


すると、
少年数人から呼び止められました。












posted by ライズエグゼクティブ at 15:12| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

書籍出版のご案内


書籍出版のお知らせです。

2017年3月1日発売予定
「凄腕ヘッドハンターが教える 地方企業の採用術」
麻布書院より発売されます。

紀伊國屋書店新宿店
東京八重洲ブックセンター本店で、
陳列されます。

お手に取っていただけたら
嬉しく思います。

以下、Amazonのリンクです。↓


北海道〜沖縄
地域企業に特化した人材スカウトなら
潟宴Cズエグゼクティブにお問合せください。

http://rise-exe.com/
contact@rise-exe.com



27AE92EC-4C6F-484C-AC36-4B4A7EACF15D.jpg

posted by ライズエグゼクティブ at 12:28| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

台湾企業に学ぶ、人材のつなぎ留めの話


先週、台湾企業の人材つなぎ留め方法なるものを
新聞記事で読みました。

忘年会での話です。
台湾企業は、
活躍した社員を、表彰するコンペをしたそうです。

通常なら経営陣が投票するところを、

同僚が投票するんだそうです。

経営陣から見た、会社の方向性ではなくて、
働きやすさへの貢献度合いを示す事によって、

模範社員に選ばれたと感じるそうです。
と同時に、
「必要とされていると実感する」と、
社員は涙したそうです。

日本よりも転職が一般的な台湾ならではの、
「優秀な人材のつなぎ留め」という事だそうです。



私が日々、候補者と面談していて感じるのは、
ここ2〜3年は、経営者から社員への

退職の慰留(引き留め)が
かなり、増えたと感じます。

弊社にも、
特に地域企業の経営者から、
「人材が退職しないコツ」に関して、
お問合せをいただいています。


これからは、外部から新しい人材を採用する事に加え、
優秀な人材が会社に残ってもらう事が企業存続の条件になってくるのでしょうか。


7798A5A8-2654-4062-BA23-30A5D1C50CD3.jpg




北海道〜沖縄
地域企業に特化した人材スカウトなら
潟宴Cズエグゼクティブにお問合せください。

http://rise-exe.com/
contact@rise-exe.com



書籍出版のお知らせです。

2017年3月出版
「凄腕ヘッドハンターが教える 地方企業の採用術」

紀伊国屋書店 新宿店と、
東京八重洲ブックセンターに陳列される予定です。

お手に取って頂けたら
嬉しく思います。







posted by ライズエグゼクティブ at 22:01| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

儲けではなく、楽しくワクワクできる毎日を

おはようございます。
昨日、愛知県にいってきました。

たまたま
ホテルのラウンジで知り合いのヘッドハンターに会いました。

その方から言われたのが
悔しくもあり、

自信につながりました。


その方から言われた事は以下です。


ヘッドハンター🅰氏

「上原さん、
まだ地方ばかり行ってるんですか?」

「お金になりますか?」

「時間ばかりかかって、効率悪いでしょ?」

「首都圏で金額の高い案件した方が儲かるでしょう?」

「儲かんないでしょ?ぶっちゃけ」










確かに、
売上や利益率だけを考えたら、

割りに合わないかも知れませんね。



人材サーチに
時間がかかりすぎてしまい、
コスト倒れする事もしばしば。





でも、10年続けてこれたのは、

お金儲けが目的じゃないからです。

楽しいんですよね。

例えば昨日、愛知県にいきました。

名古屋と、三河では昔の名残から、
県民性が違うんです。


名古屋は見栄はり、せっかち。


三河は「鳴かぬなら鳴くまで待とう…」の精神。のんびりとしてます。



そうやって県民性や、たくさんの人との出会いを
楽しみながら、
ワクワクしながら毎日を過ごしています。





クライアントの利益、
日本各地の素晴らしい
候補者と出会えます。



とても、とても
楽しいです。ハッピーです。



これからも、
儲けは度外視して、というと
言い過ぎかもですが、


きっと良心的な料金で
クライアント、
候補者に楽しんで頂けたらと
思いました。


EB15302D-5C6E-4764-9DC6-F546F82375FF.jpg




------------------------------------------/
北海道〜沖縄
地方企業のスカウト案件85%

ライズエグゼクティブへご相談下さい。


http://rise-exe.com/

contact@rise-exe.com




※書籍出版のお知らせ


昨年、

「地方企業の人材採用」をテーマに
出版の話がきました。

2017年春頃に、
書店に陳列されると思います。

詳細分かり次第
またお知らせします。


お手にとって頂けたら嬉しいです。





posted by ライズエグゼクティブ at 09:55| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

後継者不足にみる内部昇格と外部招聘

こんにちは。

年末でバタバタしている中、
本日も北海道の企業から、

リピート求人オーダーがありました。

後継者がいない。

つまり、

次期社長を
探すミッションです。



以下は、12月8日「日本人材ニュース記事」
一部抜粋です。↓


 代表者名と筆頭株主が一致する「オーナー企業」約56万社について、後継者の有無を見ると、全体の71.2%にあたる29万2521社が、現在、後継者未定(未詳も含む)となっている。

 社長の年齢別で見ると、事業承継が喫緊の課題となる65歳以上の企業では50.7%が後継者不在だった。

 事業承継の準備を始めるべき60歳前後の企業でも7割近い不在率となっている。

 代表者の就任経緯別で見ると、「創業者」の企業は20 万1926社、49.2%。そのうち後継者が「いない」と回答した企業は14万7763社(50.5%)で後継者不在率は73.2%となった。

 「同族継承」は11万4905社、39.3%で、後継者不在率は67.9%。

 外部招聘や買収などの「その他」(後継者不在率75.2%)や「内部昇格」(同75.4%)と比較すると、同族経営の企業には後継者が「いる」比率が高かった。

 年商規模別に見ると、1億円未満の企業のうち後継者が「いない」と回答した企業は9万2013社(31.5%)で、後継者不在率は78.0%。

 1〜10億円未満では17万879社(58.4%)、後継者不在率69.8%と、小規模企業の多くが後継者問題を抱えている。
 そもそもオーナー企業は日本にどのくらい存在するのか。

 業種別に見ると、「建設業」が最も多く10万2185社(23.5%)。 次いで「卸売業」(8万8254社、20.3%)、「サービス業」(7万1618社、16.5%)となった。

 年商規模別に見ると、オーナー企業は「1億〜10億円未満」が25万9129社(59.7%)と最多。次いで「1億円未満」(12万5628社、28.9%)となり、10億円未満の企業が全体の9割近くを占める。

 地域別で見ると、「関東」が15万6110社、構成比36.0%で最多。次いで、「近畿」(7万1156社、構成比16.4%)、「中部」(6万2515社、14.4%)と続いた。




後継者不足の企業が7割近いです。


内部昇格で社長に就任するケースも確かに
多いです。

手持ち人材では追いつかない、
そんな場合は、


外部から、しがらみのない人材を
招聘する事も一考と思います。 


本日は、出雲国に…✈️



D7AAEAC9-A6BE-44D1-84EA-9D3C0232D642.jpg




------------------------------------------/
北海道〜沖縄
地方企業のスカウト案件85%

ライズエグゼクティブへご相談下さい。


http://rise-exe.com/

contact@rise-exe.com
posted by ライズエグゼクティブ at 12:15| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする